交流を深めよう

トロフィーをもらう

人が多く集まって楽しい時間を過ごして交流を深める方法には色々とありますが、スポーツもその一つです。日本における社会人の場合、ゴルフを社交の場として活用することが多く、全国のゴルフ場では日常的に企業コンペも頻繁に開催されています。 ゴルフは競技ですから終了後に順位が確定します。パーティ等と同様に場を盛り上げるためにはゴルフでも大抵順位に応じた景品が設けられています。景品は参加者の持ち寄りや参加者から集めた参加料を元手にコンペ幹事が用意することが一般的です。近年はゴルフ人口が減少したと言われていますが、コンペ開催は依然として多いため、ゴルフ場が参加者に人気のある景品リストを準備することが多く、今後も幹事の負担を減らすサービスを充実させて利用者獲得に励むと見られています。

コンペ幹事が景品を用意する場合、それは参加者へ幹事としての手腕を見せる機会となります。しかし、景品を購入するための資金は参加者から集めた参加費用はプレー料金等の諸経費を差し引いた限られた予算から賄わなければいけません。ゴルフにおける景品を用意する賞は相当数あるため、意気込み過ぎて高額な商品を考えてしまうと予算オーバーになってしまう恐れがあります。 ゴルフだからと言って景品をシューズやグローブ等のゴルフ用品にすると獲得した人にサイズが合わない可能性もありますから避けた方が無難です。また、上位入賞者に景品を贈ることが基本ですが、娯楽目的で楽しんでいるのですから参加賞等の参加者全員が楽しめる配慮も必要になる場合があることに留意しましょう。